★【 カラーミーショップ 】なら売上倍増!★
オンラインショップ・ショップブログ・モバイルショップがあるから売上も倍増!メルマガ機能・ポイント機能を使い倒して、リピーターもゲットしちゃおう!


産業技術総合研究所放射線情報@つくば←こちらをクリックで確認

mixiチェックボタン登場→mixiチェック

2009年06月02日

世界の医師たちの核実験に対する声明

トライバック ドラムス
927


文責とかなってる割には、誤字があるのは急いで出した証拠でしょう。

ぜひみなさんに、熟読してほしいですね。
私の見解はまた後ほど。。


以下転載。

International Physicians for the Prevention of Nuclear War regrets the nuclear test conducted by the Democratic People's Republic of Korea (DPRK).

As an organization of doctors, we deplore the squandering of scarce resources of all the nuclear powers in the time of world wide economic recession on the development of weapons - especially weapons of mass destruction - instead of investing in health, education, economic development and other social needs that provide true security.

Our research has shown how even a small amount of nuclear bomb explosions in a limited nuclear crisis will destroy the crops globally for decades and lead to a world wide famine. Thus, this test is a backward step for regional and global security at a time of renewed international commitment to the elimination of nuclear weapons.

This new test explosion of a nuclear device, coupled with short-range missile tests, does nothing to improve the DPRK's security. To the contrary, the predictable response from North Korea's neighbors and from countries around the world has been to further isolate the country and to demand punitive actions.

IPPNW calls for increased contact and communication with the people of the Democratic People's Republic of Korea (DPRK), and will work with our affiliate, the Korean Anti-Nuke Peace Physicians (KANPP) towards that end. We also call on all parties to show restraint so that this situation does not escalate into a military confrontation.

If the DPRK nuclear tests provoke a nuclear arms race in the region, either through the increased presence of US or other nuclear forces, or through the acquisition of nuclear weapons by other countries in North Asia, the net effect will be greater regional tension and instability, and the risk of an armed conflict that could lead to the use of nuclear weapons.

The government of the DPRK has said it wants to work for a nuclear-weapons-free Korean peninsula. Proposals for a North Asian nuclear-weapon-free zone - which would include Japan and would have the backing of the United States, China, and Russia - have been on the table for several years. We are convinced that the DPRK's own security interests would be best served by halting the development of nuclear weapons and by entering good faith negotiations to bring this nuclear-weapon-free zone into existence.

At the same time, the double standard by which some states have claimed that nuclear weapons are essential to their security while denying that right to others is both reprehensible and unsustainable. The urgent need for a global nuclear-weapon-free zone through the negotiation and adoption of a Nuclear Weapons Convention is the real lesson of this unfortunate decision by a tragically isolated state.


Ime John, Sergey Kolesnikov, and Vappu Taipale
Co-presidents of IPPNW

http://www.ippnw.org/News/Statements/2009MayDPRK.htm


日本語訳

朝鮮人民民主主義共和国の2009年5月25日核実験に対する
IPPNWの態度表明(IPPNW response to the May 25,2009 nuclear test
by the Democratic People's Republic of Korea)

核戦争防止国際医師会議(IPPNW)は、朝鮮人民民主主義共和国
(DPRK)により実施された核実験を残念に思います。
医師の組織として、私たちは、世界的な景気後退のこの時期に、真に安全保障に
有用な、保健、教育、経済発展、および他の社会的に要求される経済開発への投
資に役立てるのでなく、希少なすべての核資源を、兵器、特に大量破壊兵器開発
のために浪費したことを嘆かわしく思います。
私たちの研究によれば、局限された核危機における小型核爆弾の爆発でさえ、数
十年も地球全体の作物を破壊し、世界的な飢饉に通じることが知られています。
したがって、今回の核実験は、改めて核兵器廃絶に向けた国際的誓約がなされて
いるこの時期に、地域的にも世界的にも、安全保障を後退させるものです。
短距離ミサイルのテストと連結した今回の核兵器の爆発は、DPRKの安全保障
の強化にまったく無益です。反対に、DPRKの隣国や、他の世界各国の反応と
して、DPRKを孤立化させ、処罰を要求することが、予測されます。
IPPNWは、朝鮮民主主義人民共和国(DPRK)の人民との友好関係の強化と
コミュニケーションをを望んでおり、その目的達成まで、IPPNW支部組織、
韓国反核平和医師の会(KANPP)と協同して努力します。、
また、われわれは、すべての関係者に対し、この状況が軍事衝突に拡大しないよ
う、自制することを求めます。
もし、DPRKの核実験が、その地域の米国または他の核保有国の戦力増強、あ
るいは、北アジアの他の諸国の核兵器獲得などによる核軍備拡大競争を引き起こ
すことになれば、その影響は、この地域のより大きな緊張と不安定性をもたら
し、核兵器の使用につながりかねない武力紛争の危機となるでしょう。
DPRK政府は、非核朝鮮半島実現に努力すると述べています。日本の参加と合
衆国、中国、およびロシアの支持を伴う北アジアの非核地帯案がテーブルに載っ
て数年が経ちます。
DPRKの国家安全保障上の利益は、核兵器開発を中止し、この非核地帯実現の
ために真摯な交渉を開始することによって、最高の形で獲得できると、われわれ
は確信します。
同時に、ある国家が、核兵器は自国の安全確保に不可欠だと言いはり、他国の核
保有の権利を否定する二重基準は、非難さるべきであり、また、受け入れられま
せん。
悲劇的に孤立した国家の今回の不幸な決定の教訓とは、核兵器条約の交渉とその
採択による、世界的非核地帯実現の緊急性であります。
Ime John、Sergey Kolesnikov、Vaoou Taipale
IPPNW 共同議長
(邦文文責 渡植貞一郎)



6月6・7日、
イラク人医師講演会がつくば、土浦でありますが、
ここは触れなきゃね~。
講演会で話がなかったら、みなさんで突っ込みましょう。

そして、この講演を1人でも多くの人に話を聞いてほしいと思います。

6日18~20時 つくば開催
http://tsukuzemi.blog108.fc2.com/
7日14~16時 土浦開催
http://nicoecodayco.blog62.fc2.com/





←これ買いました。リアルショップより7000円近く安いし、保証もしっかり!

同じカテゴリー(「ミサイル」騒ぎについて)の記事画像
平和を考える【世界が日本に求めることは?】
「ミサイル」騒ぎに対する、北朝鮮の見解
同じカテゴリー(「ミサイル」騒ぎについて)の記事
 平和を考える【世界が日本に求めることは?】 (2009-08-15 23:06)
 「ミサイル」騒ぎに対する、北朝鮮の見解 (2009-04-06 01:46)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。