★【 カラーミーショップ 】なら売上倍増!★
オンラインショップ・ショップブログ・モバイルショップがあるから売上も倍増!メルマガ機能・ポイント機能を使い倒して、リピーターもゲットしちゃおう!


産業技術総合研究所放射線情報@つくば←こちらをクリックで確認

mixiチェックボタン登場→mixiチェック

2010年06月01日

政治の勉強しています。その5 脱伝統社会

(3)脱伝統社会


中高生は制服を着る
丸刈りにする
練習中は水を飲んではいけない


伝統は
人々の秩序維持、規律を守るという効果がある。

①個人化
個人の生活、人生は不確実性がありリスクを持つ

伝統社会はそれを制御する

(1)個人の選択
(2)意味の希薄化
これに伴い
脱伝統社会へとシフトしていっている

不確実性・リスクの制御=個人の意思決定

U.ベック
人々はそれぞれが自分の生活を補修していかなければいけない。
(自分で脚本を書く)

②再帰性
→自分をモニタリングすることが求められる。
自分との対決が求められる。(省察)

大きな希望を描くとその分失敗する確立がある。
不確実性がついてまわる。

能動性が求められる。

小泉改革の自己責任、新自由主義的な発想
ex.フランスは少子化が進んでいないが、未婚の夫婦の子どもが増えている。

③リスク社会

企業社会
終身雇用制、福利厚生の充実
企業が守ってくれる。
個人の選択は狭まれるが、個人の生活は守られる。


希望格差社会
社会のリスクばかりを引き受ける層が存在し、将来に対して希望が持てない人がいる。

ex.秋葉原の連続殺傷事件の犯人は非正規雇用であった。


不確実性が増大し、社会的基盤喪失している。
社会的相互行為を調整するルール、規範、制度が争われるようになる
個人の意思を調整し、1つの秩序を形成する必要が出てくる。
そして、秩序形成のために、政治的な争いが必要とされる。

④民主主義の問い直し

(1)不確実性を消失はできないが制御する
→一時的な拘束決定を行う

(2)制度的・間接的民主主義で十分か?

民主主義→決定→民主主義→決定→民主主義→決定
→民主主義→決定→民主主義→決定→民主主義→決定


往復運動としての民主主義


これまで解説してきた社会に対して、






がどのような提案をしているのかを次回以降で扱っていく。


トライバック ドラムス
927





←これ買いました。リアルショップより7000円近く安いし、保証もしっかり!

同じカテゴリー(まつりごと)の記事画像
政治の勉強しています。その7 格差の正当化は可能か?
政治の勉強しています。その6 政治思想の提案
政治の勉強しています。その4 国民と国家
政治の勉強しています。その3 国民と国家
政治の勉強しています。その2
政治の勉強してます
同じカテゴリー(まつりごと)の記事
 政治の勉強しています。その7 格差の正当化は可能か? (2010-06-15 11:26)
 政治の勉強しています。その6 政治思想の提案 (2010-06-08 11:27)
 政治の勉強しています。その4 国民と国家 (2010-05-25 11:34)
 政治の勉強しています。その3 国民と国家 (2010-05-18 11:25)
 政治の勉強しています。その2 (2010-05-11 11:28)
 政治の勉強してます (2010-05-07 11:16)
Posted by トライバック at 11:25│Comments(0)まつりごと
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。