★【 カラーミーショップ 】なら売上倍増!★
オンラインショップ・ショップブログ・モバイルショップがあるから売上も倍増!メルマガ機能・ポイント機能を使い倒して、リピーターもゲットしちゃおう!


産業技術総合研究所放射線情報@つくば←こちらをクリックで確認

mixiチェックボタン登場→mixiチェック

2010年09月03日

教育研究会(仮)のさいしょの集まり



ついに、2010年9月1日発足した、
教育研究会(仮)


教育学類の1年生を中心に、
全部で12人もの学生が集まりました!

なにをしたかっていうと、

*1*この集まりの経過を説明しまして、

*2*自己紹介&なぜこの場に来たのか?

*3*教育の課題ブレインストーミング

*4*今後の運営について

話しました。

ということで、以下で参加できなかった人のためにも
情報共有していきます!
*1*この集まりの経過

~~~~~~~~~~~~
背景
筑波大学は東京教育大学を前身とし、教育の大学ということで
全国各地から教育に熱い学生が集まってくる。

しかし、教育について研究し議論するサークルが存在せず、
多くの学生がその思いをぶつける場所を求めている。

そこで、今回新たに「教育研究会(仮)」を設立した。

主旨
2010年9月1日、教育研究会(仮)を設立します。
この団体を設立することで、現代の日本の教育が抱えている問題の
分析、解決に繋がるものと考えます。

活動内容案
・週に1回程度の定期的な意見交換の場を設ける
・各種教育団体への具体的な方法の提案
・留学生が多いというつくばの特性を活かした、海外の事例の学習
・教育に悩む教員の相談
・現役の小中高校生の教育への反映

会員
・教育学類の学生、教職を目指す学生、看護学類で養護教諭を目指す学生
などを中心とした学生

皆様へのお願い
・教育を考える上では、地域ごとの特性や個人の経験も重要です。
具体的に関わることは無理でも、少しでも多くの人・団体に賛同いただければと思います。

~~~~~~~~~~~~~

そんなことを話していまして、2学期のはじまる
9月1日から最初の一歩を踏み出していこうかと考えました。

という説明をしました。

*2*自己紹介&なぜこの場に来たのか?

個人情報もあるので、とりあえず
学類と学年だけを公開すると、

教育学類1年 9名
心理学類1年 1名
看護学類1年 1名
医学類6年   1名

それぞれいろんな想いがあり参加してくれたようですが、

ざっくりいうと、

生涯学習の充実についてだったり、いじめのことについてだったり、
外国語教育の必要性についてだったり、
具体的なテーマについて、みんなの意見、考えが聞きたい

という人がいたり、

自分の所属する教育系の団体では、実践がメインになってしまって、
教育自体について考えたり、語り合ったりする時間がないので、
自分のやっている団体の補完するような場所になればいい

という人がいたり、

まだ1年生なので、とりあえず教育に関するいろんな話を聞いてみたい


という人がいたりでした。

各人にとっていろんな目的があって、
それが混じり合いながら居心地のいい場所ができていくといいですね~
笑


*3*教育の課題ブレインストーミング
あとは、10分ぐらいかけて、教育の課題と思えるものを紙に書き出してもらい
(このアイデア出しの手法をブレインストーミングといいます)

時間の許す限り、それを共有しました。

→教育の課題という別の記事参照


*4*今後の運営について

少なくとも月に2回ぐらいのペースで、
2学期の間はとりあえず、

・教育の課題の抽出およびそれのまとめ

・教育系団体の活動紹介

ということをやっていきたいと思っています。

そのやり方は、日程に関してはおいおいやっていくということで。

とりあえず、

次は
~~~~~~
9月14日(火)19~21時
@中央図書館のセミナー室のどこか・・・
課題抽出テーマ
「いじめ(仮)」
活動紹介サークル
「未定」
終了後、お食事会
~~~~~~~
ということで、開催する予定です。

未定なところが多いので、やる気のある人、ちょこっとのぞいてみたい人、
提案がある人、上級生、他学類の人などいろいろ募集中です。

ぜひぶらりとお越しください。

詳しく決まってきたら、また連絡します。

たぶん、このブログで。。!?





←これ買いました。リアルショップより7000円近く安いし、保証もしっかり!

同じカテゴリー(学びの共有)の記事画像
織田信長と振り返る岐阜医ゼミ その1
同じカテゴリー(学びの共有)の記事
 織田信長と振り返る岐阜医ゼミ その1 (2010-08-16 20:36)
Posted by トライバック at 09:55│Comments(0)学びの共有
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。